茅ヶ崎市美術館で浮世絵・新版画/版の美が開催しています。美術館の20周年イベントらしい。

--スポンサードリンク--


IMG 8226
今日は久しぶりに茅ヶ崎市美術館の記事です。
もう始まっているのですが、浮世絵新版画が今やっていますね。

美術館の20周年記念の第一弾とのことです。

浮世絵は結構興味があるので一度足を運んでみようと思います。

エボロック
5月13日までなので興味がある方はぜひ!!
エボロック
新版画ってなに?

新版画(しんはんが)とは、明治30年前後から昭和時代に描かれた木版画のことを指し、版元を中心として、従来の浮世絵版画と同様に、絵師、彫師、摺師による分業により制作されており、浮世絵の近代化、復興を目指した。「新板画」とも表記された。

日時、場所

〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1丁目4−45
2018年4月8日ー5月13日(日)
10:00-18:00(月曜日休館)

エボロック
駅から南口を出て5分くらいで着きます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA