台風の予想進路オススメサイト3選を紹介する

台風

[

エボロック

来週、夏休みに沖縄に行くんだーー!!いいでしょーー。
そんでね、サーフィンしてね。SUPもしてね。シュノーケリングも考えてる。
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”lady.png” name=”パートの田中さん ”]えっ!!でも来週台風来るみたいよ。(笑 [/say] [

エボロック

なにーーーーーーーーー!!!!どこ情報?どこ情報?そんなん昨日言ってなかったけど。

台風情報

[

エボロック

デターーーーーー!!やばいんちゃう、これ。どんな進路を辿るのよ。
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”lady.png” name=”パートの田中さん ”]ホテルに缶詰だねこれは ははははははは〜ーwww [/say] [

エボロック

貴様!!!!
夏のシーズンになると台風が本格的に訪れますよね。9、10月の方がたくさんくるイメージがあるけど、今回は7月に来ちゃいました。この段階の台風の進路予報はどうなのか、サイトをチェックしてみましょう。

台風情報のサイトはどれがオススメ?

台風の経路はできるだけ早く知りたい時ってありますよね。

家の防風対策とか仕事の準備とか旅行のキャンセル料だって何日前にキャンセルで値段が全然変わってきます。

もし確実に台風が来るってわかってたら、沖縄じゃなくて北海道にするとかもできる。

①気象庁のサイト

気象庁のサイト気象庁のサイト(画像をクリックするとサイトへ飛びます。)
[

エボロック

今日が21日だから3日後の台風の情報までが出てるね。

②ウェザーニュース(weather news)

ウェザーニュース
ウェザーニュースのサイト(画像をクリックするとサイトへ飛びます。)
[

エボロック

これも24日までだから3日後までか。でも台風の動きが動的にわかるね。

③ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)

こちらはヨーロッパの気象サイト日本の幾つかの気象サイトが数日後の台風経路しか教えてくれないのに対しこのサイトは10日くらい先の情報が手に入る
ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)のサイトはこちら

ECMWF

全部英語なのでよくわからない人のために日本の台風情報の見方を説明しますね↑

①Forecasts→Chartsをクリック

ECMWF

②MediumのrangeのForecastsをクリック

ECMWF

③Mean sea levelをクリック

ECMWF

④みたい地方をクリック(日本ならEastern Asia)

ECMWF
10日後までの気圧配置が動的に流れて行く

1500623764nPRH buo8OYFVV71500623752
[

エボロック

どうやら台風は日本には上陸しなさそうでよかった、でも風は強くなりそう。

まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。最初に紹介した気象庁やウェザーニュースよりもヨーロッパのサイトの方が信憑性があるのかどうか自分にはわかりません。

この台風の動きも昨日と今日とでは若干変わってますし、そういった気圧配置の動きの正確さはどのサイトも変わらないかもしれません。

普通10日後って台風だったら特に、だいぶん状況が予想しづらいと思います。

だから間違ったら問題になるからあえて先の事を記載しないのかもしれません。僕は間違うかもしれないけどわかる範囲で公開しているECMWFの方が攻めててなんか良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA