湘南の観光エリアまでゆったりアクセスできる圏央ライナー川越湘南線が始まります。

KenouLiner

エボロック
2019年3月16日より、湘南への新しい足として利用が期待される圏央ライナー川越湘南線の高速バスが運行を開始します。

湘南は東海道線や新幹線により東京から、静岡からアクセスがとてもいい土地なんですが、圏央道が開通したから、地図上でいう縦のアクセスもしやすくなりました。

今回の圏央ライナー川越線は川越〜辻堂、藤沢間のバスです。
鎌倉や江ノ島といった湘南を代表する観光名所にアクセスしやすい藤沢駅に到着します。

エボロック

料金と時刻表はこちら

スクリーンショット 2019 03 15 9 28 30 スクリーンショット 2019 03 15 9 30 01

このバスと電車を比較してみた。

エボロック
電車だとどれくらいで行けるのか、乗り換え案内のアプリで見てみよう。
IMG 2209

電車の方が30分くらい早いんですが、本川越駅からだと川越駅まで歩いていって横浜まで電車でそこから東海道線に乗り換えて藤沢って流れになります。

電車の方が早いんですが、ずっと座れてバスの席で自分の時間が持てるのを考えれば、電車よりバスを選びたいです。

料金は電車だと川越ー藤沢間で片道1263円(IC料金、2019年3月時点)。バスだと藤沢まで片道2000円。往復で買うと大人3,600円なので400円お得になりますね。

藤沢、辻堂でのバス乗り場

北口のバスターミナルにあります。
スクリーンショット 2019 03 15 11 47 24

スクリーンショット 2019 03 15 11 47 37
エボロック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA