『すべての教育は洗脳である〜21世紀の脱学校編〜』堀江貴文著を読んだ〜。G人材になりたい〜。


先週の『生とは、死とは』に引き続き堀江貴文著を購入しました〜。

PC一台でどこでも仕事ができる(最高!!)

世界中で仕事をするのはもっと簡単である。

いちいち現地で職を探さなくても、

パソコン一台で仕事がこなせる体制を作っておけばいい。

ノマドワーカーと呼ばれる人たちは、日々違うシェアオフィスやカフェで仕事をしている。

その移動先がアメリカになろうがオーストラリアになろうが、できる仕事に変わりはないはずだ。

souta
そうしたら、マウイに2、3年住もうぜ〜。
メローサーファー
いや〜、まだ無理でしょ。。

努力なんかじゃなくて没頭する。それだけで良いんだ!!

何のために何をするのか、どんな風にするのか、すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進む力。

新しい時代を楽しく生きるために必須のこの能力を、僕はシンプルに「没頭する力」と呼んでいる。

夢のために一生懸命とか、たゆまぬ努力とか自己啓発とか巷にはいろんな『今のままでは幸せになれない。』的なものがあふれているけど。

実はそんな硬く考えてしまうものじゃなくて

楽しく没頭するだけですべてがうまくいく気がする。

そういう状態でもの事にとりくめば結果がどうあれその状態自体が幸せなのであまり問題ではない。

人生100年時代がくる。。。やっぱりそうだったか。

70代になるまで「壮年」が続く上、寿命が100年近くあるとしたら、

「65歳まで会社勤めをして、そのあとは年金生活」なんて古臭い人生設計はどうしたって通用しない。

退職後、35年も年金だけで生きていくのは不可能だ。

souta
前読んだ本と同じ事が記してある。
メローサーファー
専門性の連続的習得が必要って書いてあったな。。
souta
すごい勉強になるね、この本は。
メローサーファー
そうやな〜。そうたの年代はかなりの確率で100歳まで生きるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA