LとRだけじゃない!日本人が共通して苦戦する英語の発音

IMG CC378DD587A3 1

「相手が日本人ならなんとなく理解してもらえるけど、外国人には英語が通じない…。」という経験をしたことはありませんか?

めろーさーふぁー
めっちゃある。。しかも外国人は日本人と違ってわかったフリをしないから、グイグイ聞かれて、でも発音悪いから何回説明しても伝わらなくて。

イディオムや単語はちゃんと知っているのに、微妙な発音の違いで相手に伝わらないのはなんだか悔しいですよね。

めろーさーふぁー
そうなのよ💦単語は結構知っているのに。

今回は、一般的によく言われる「LとR」、 「SとTh」だけじゃなく、あまり意識していないけれど日本人に共通する発音の問題点について紹介します

それに焦点を当てるだけで、「伝わる英語」になりますよ!

日本人に共通する難しい英語の発音

NewImage
大学教授など専門的な知識のある英語が堪能な人でも、英語っぽい英語と日本語っぽい英語がありますよね。

文法の正しさ?語彙力?雰囲気?一体何がその違いを生んでいるのでしょうか?

私たちが英語を聞く際には、細かな文法や単語の使い回しなどよりも、どれだけ ’’英語っぽく’’ 聞こえるかには発音がとても大きな影響を与えています。

例えば、発音はダメだけど語彙力やイディオムが豊富な人よりも、語彙や文法は完璧ではないけどネイティブの発音に近い人の方が、英語の正しさは置いといて、やっぱり「上手く」聞こえますよね。

めろーさーふぁー
悔しい。。。。悔しい。。。。

ネイティブの発音に近ければ近いほど、英語っぽく聞こえるのは事実です。まず、日本人に共通する難しい発音について紹介します。

LとR

日本人に共通する難しい発音として最も代表的なのがこのLとRでしょう。

英会話学校など発音を学ぶ際、しつこいくらいその区別を練習させられますよね。

筆者もこれは日本人に共通する一番の代表例だと思っています。


・lightとright
・forkとfolk
・riceとlice
・electionとerection
など

SとTh

会話で一番よく使うフレーズ「Thank you」のThも日本語にはない音なので、難しいですね。カタカナの「サンキュー」とはちょっと違うんですね。

舌の位置を意識すれば正しく発音できるので、少し練習が必要です。


・thinkとsink
・thesis
・thank
など

BとV

日本語でいう「ブイ」は英語のVとは異なり、BとVはカタカナ表記ではどちらとも「ビー」になりますが、違う音です。

LとRよりメジャーではないですが、結構BとVの紛らわしい単語は存在します。


・vestとbest
・voteとboat
・vatとbat
など

FとH

「F」も日本語にはないので難しいでね。例えば、カタカナで数字の4は「フォー」になりますが、唇の位置などちょっとした工夫が必要です。
「Smartphone」スマートフォンも日本語では、「フォン」とHの音になります。
※英語のPhはFの発音です。

FとHの区別が必要な単語は結構日常会話で出てきます。


・fearとhear
・feelとheel
・fatとhat
・foldとhold
など

これらが一般的に混合しやすい英語のアルファベットです。

ただし、これはもう英語を学習している人なら気をつけて練習しているはずです。

日本人に共通するけれどみんな意識していないさらに重要な音が存在するのです。

実はLとRよりも大切!?英語母音の攻略が発音力アップの最大の近道

LとRやSとThなどは子音で、一般的に日本人の苦手な発音としていて知られています。確かに子音の方が明らかな違いがあります。
NewImage

ここで一つ質問です。

皆さんは楽しいという意味の「Fun」とスポーツなどのファンの意味の「Fan」をどのように発音しますか?

カタカナではどちらも「ファン」になりますが、実はファンと発音すると後者のサポーターを意味するfanにはなりません。

カタカナ通りにファンと発音すると前者の「楽しい」という意味のfunになります。

では何が違うのでしょうか?

それが母音です。

英語における母音と日本語における母音には想像以上に大きな違いがあります。

世界的にみても日本語の母音の数は非常に少なく、「あ、い、う、え、お」とたった5母音です。それに対し、英語には約20母音も存在するのです。

この英語の母音の重要性に気づかないまま学習すれば、日本人の発声できる5母音で英語の20母音を発音していることになり、数を比べてもかなりの相違がありますよね。

例えば、日本語の「あ」に相当する英語の母音は5つあって、それぞれ音が違います。それぞれのアを発音記号で表記すると、pat(軽くポンポンと叩く)は「æ」、pot(鍋)は「ɑ」、putt(ゴルフのパット)は「ʌ」、part(部分)は「ɑːr」、about(だいたい)は「ə」です。

・参考動画
EK【#054】英語初心者のためにネイティブ英語発音「母音」を練習しませんか?

このように日本語では全て同じ「あ」でも、英語ではこんなにも違いがあるのです。

たとえどんなにFの音がちゃんと発音できていても、この母音の重要性に気づいていないといつまでもfanとfunの区別はできません。この母音こそが、英語をマスターする近道なのです。

母音は気にしなくてもいいという人がいるが…それは間違い

めろーさーふぁー
今まで母音は重要視してなかったけど。やっぱり伝わらないと意味がないからな〜。

「母音を間違えても相手に意味は通じる」という人がいますが、確かに前後の文脈である程度の意味は推測できるかもしれません。

ただ、細かくみえる母音の違いは大きな意味の違いに繋がることも少なくありません。

個人的には母音の違いはもちろん大切ですが、同時に母音の重要性に気づかないまま英語学習を続けることの方が後に問題になると思っています。

母音をマスターするには

日本語にない英語の母音をマスターするには、やはり練習が必要です。意識するポイントはたった二つ!

・音が口の中のどこで発せられるか(前方、真ん中、後方)

・唇と顎の位置

口の前方で作られる母音

i、ɛ、æは口の前方で作られる母音です。口の前というのは上下の前歯のちょうど裏側付近ですね。唇は横に「いー」と開きます。

単語例
・eat(i)
・bed(ɛ)
・apple(æ)
æは日本語のアとエの中間の音です。

口の真ん中で作られる母音

唇を少し開きながら口の中央を意識します。əとʌです。特にʌは日本語の「ア」に割と近い音なのでそんなに難しくありません。

単語例
・earth、early、firstなど(ə)
・sun、bus、loveなど(ʌ)

口の後方で作られる母音

口の後ろで作られるのがu、ɔ、ɒです。唇を少し丸めて喉の奥から音を出すように意識します。

単語例
・cute(u)
・dog、also、waterなど(ɔ)
・hot、rock、wantなど(ɒ)

それぞれの母音の出し方をマスターすれば、あとはひたすら練習ですね。発音できるようになったら同時に母音の違いを聞き取れるかもチェックしてみましょう!

・参考動画
チャックの発音教室 With Phat English 1: 英語の基本母音(Basic English Vowels)

今回紹介したポイント

・英語には日本語の約4倍もの母音がある
・英語は子音だけじゃなく母音も重要
・母音をマスターすると一気に発音が良くなる

最後に

英語の母音をマスターすれば、一気に英語の発音がよくなります。

これは、私がアメリカやヨーロッパに住んでみて、実際に肌で感じたことです。

英語以外のヨーロッパの言語を学ぶ際にも役に立ちますよ。

これからはLとRなども大切ですが、英語の母音も意識して学習してみましょう!では、この記事が読者の皆様の役に立てば嬉しいです。これからも勉強頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA